障害年金の対象となる傷病【カ行】

[記事公開日]2017/12/11

障害年金の対象となる傷病【カ行】

血友病(けつゆうびょう)

血友病とは、血液を固めるタンパク質(血液凝固因子)が少ないため、血液が固まりにくい病気をいいます。

出血した際には血が止まりにくい為、小さな傷などでも大出血につながる可能性があるのが特徴です。

遺伝による発症といわれており、その発症は男性に多く1万人あたり約1人程度の割合で発症するといわれています。

過去には血友病は20歳まで生きられない病気と言われていましたが医療の発達により健常者とほとんど変わらない寿命を全うすることが可能となりました。

見た目には周りから障害とわからない血友病ですが、日常生活は大きな制限を受けるものとなります。

この血友病も障害年金の受給対象となります。

(詳しくは『血友病で障害年金を受給する方法』をご参照下さい)

 

まずはご相談下さい!

障害年金が受給できる可能性があるか、受給できる場合どれくらいもらえるのか等、障害年金に関しての疑問はお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせ

当センターでは無料相談を行っております。

※どのようなご質問でも結構ですのでお気軽にお問い合わせ下さい。

お電話でのお問い合わせ

無料問い合わせ

フォームからのお問い合わせ

ご氏名
メールアドレス
電話番号(任意)
お問い合わせ内容


※お問い合わせ内容をご送信後、自動返信で内容確認のメールをお送りします。
届かない場合は、お手数ですが迷惑メールボックスをご確認頂くか、
お電話で当センターまでご確認下さい。


【個人情報の取り扱いに関して】
個人情報は、当センターにて厳重に管理し、ご質問に対する回答以外には
使用しませんのでご安心くださいませ。

個人情報保護方針はコチラ

 

 

 

お問い合わせはこちら(通話料無料)